1. TOP
  2. 未分類
  3. 飲む美容液甘酒の魅力 作り方

飲む美容液甘酒の魅力 作り方

 2016/10/05 未分類
 
amazake-biyou

甘酒のイメージはよくお正月でふるまわれる甘酒というイメージを持っている人がほとんどです。その甘酒は強力な美容と健康効果があります。君島十和子さんや道端アンジェリカさんが飲んでいることでも話題になりました

その甘酒の魅力と効果、甘酒のおいしい飲み方、自宅での作り方を紹介します。

甘酒の驚異のパワー

君島十和子さんは毎日飲むことで、朝から元気になるという甘酒。世の中に言われている甘酒の2種類があります。

  • 酒粕をといて砂糖を加えた甘酒
  • 麹でできた甘酒

ここでは後者の甘酒についてのお話です。

 

麹でできた甘酒は、甘いけどノンシュガー。

道端アンジェリカさんは4年前から飲んでいて、飲み方は しょうがを入れて飲んでいるそうです。寝る前おなかをすいているときに飲んでいて、空腹感が満たされるほか、朝起きた時に肌質が違うとのこと。

では、何がそんなに違うのか。

 

甘酒の美容効果

神戸女学院効果

女子大生12人に

肌や体

乾燥肌が改善された

冬が肌のカサカサが改善

摂取後3日で変わる

きめが整うと保水力が違う

 

水分を中に閉じ込めて水分力が上がる

 

甘酒を飲むと肌が変わるのか

 

甘酒の成分を調べる

必須アミノ酸をすべて含む

ビタミンンB軍

オリゴ糖

さらに

得るごり尾根イン

強い抗酸化作用

1g20万以上

飲む美容液

 

美肌効果だけでなく、

長距離選手に毎日甘酒を飲んでもらう

疲労度が軽減

 

寝起きのだるさが全然違う 足の針後いうかが違う

練習を積んでくると内臓が痛んで食事が膜とれない

 

しっかりほぼ最後までたべられるようになった

 

夏バテ防止に甘酒

 

甘酒効果実験

毎日150gの甘酒2主観

肌のトラブル具合がさがった

肌の乾燥化粧のノリ吹き出物 がさがった

 

疲労度の変化も改善

手足が冷える

便秘が治る

 

主婦 42歳

毎日デザート替わり

ほおや目口の周りの乾燥

 

ファンデーションの伸びがよくて肌色がよくなった

 

疲れが残りにくくなった

あんまり怒らなくなった

1日コップ一杯くらいでずっとよい

 

麴菌

麹のはカビの1種 国菌でもある

 

甘酒のおいしい飲み方

甘酒ドリンク

破壊さん

 

新潟を代表する甘酒1つ

 

甘酒 生産が追い付かないほど伸びている

甘酒+ドリンク

 

しょうが が小さじ1杯よく混ぜる 
トマト すっきりした味わい

豆乳

ほうじ茶

 基本混ぜるだけ

牛乳

酸味のある果物と圧 ビタミンCもとれrのでおすすめ

青汁やトマトジュウスがのみやすくなる

基本は1:1

 

パイナップル

紅茶

 

88kカロリーあるので飲みすぎには注意

食後の1杯くらいご飯茶碗半分っ位

空腹時に血糖値が上がる

 

血糖値の木になる方は 気を付けて

 

料理にもう使おう

 

 

発酵王子

甘酒の魅力

万能性安い食材にこそ生まれ変わる

 

1切れ100円の鮭

甘酒に1日つけたもの

焼いただけ 油水分量が多くなる

タンパク質や油を分解しアミノ酸を作る

 

鶏のから揚げも1日つけておくとふっくらジューシーに仕上がる

うまみが上がっておいしくなる

 

 

甘酒料理

てまり寿司

すし飯を作るときに甘酒を使う

ネタにはけで塗る

 

巣のツンとするところをまろやかにする

 

鳥団子なべ

 

鶏肉のたんぱく質を分解するのでふわふわした感じになる

4-56時間たったほうがおいしくなる

 

鶏肉も麹に着けて1日寝かす

 

じわじわ温度が上がる

55-60度

に立ったところに入れると工事が死んでいる

まだ生きているじわじわ温度を上げると麹が生きて、まろやかになる

最期に塩を振って出来上がり

 

つなぎなしで鳥のうまみ

手羽がぷるっぷる

鳥臭さもない

 

総帥とかうどんを最後に入れるともっとおいしい

 

 

甘酒入り

砂糖入りの卵焼き

 

甘味は控えめ

 

甘酒を使ったつぃーつ

スポンジやクリーム

記事がしっとり

プリンの中にも甘酒

 

江戸時代

庶民が楽しめる甘味

もともと冬の飲み物だったけど

夏バテに聞くということから夏の飲み物になった

 

甘酒の作り方

米麹をつくる

 

60度で長時間

常温で2日発酵させたら出来上がり。

 

甘い

疲れが取れるから左官屋さんや大工さんが飲んでいた

出来立てはジャムの用

飲むときは3倍に薄めて飲む

 

 

 

 

自宅で簡単甘酒作り方

おかゆをつくる

もち米 1/2号

水100ml

 

 

米と麹が

 

保温ポットを熱湯で温めておく

ポイントはしっかりと入れる量が少ないと冷めやすく案る

 

全部入れたらふらをする少しだけガスの逃げ道をつくっておく

9\8時間ほどたつと夏場はよい

冬は4時間ほどでもう一度温めるとよい。

 

非常に飲みやすい

冷蔵庫で1週間もつ

冷凍庫でも大丈夫

空気が入らないように口を閉じる

冷凍庫は1-2カ月保存可能

使うときに好きな量が取り出せる

 

 

イチゴ甘酒シャーベット

切ったイチゴと甘酒を入れてつぶして冷凍。

 

 

甘酒をつくるとき

普通のコメでつくるとさらりとした味になる

 

 

 

ハンバーグ つみれ汁 ナポリタン

小豆と合わせてもおいしい

甘酒ラテもおいしい

 

\ SNSでシェアしよう! /

ケア大学の注目記事を受け取ろう

amazake-biyou

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ケア大学の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 病は気から。を証明したフィンランド症候群と夕張市における医療崩壊のその後。病気はストレスで起こるのか?

  • 飲む美容液甘酒の魅力 作り方

関連記事

  • 救急医療の課題の解決のために〜トリアージ型 いおうじ応急クリニックの取組み〜良雪 雅医師

  • 在宅医療と在宅介護の現状と誤解・問題点

  • 健康経営に役立つ!健康経営関連のおすすめ書籍9選

  • 健康経営銘柄に選定された企業をお手本に!健康経営に取り組もう!

  • 健康経営銘柄とは?経済産業省が認定!その狙いとは?

  • 企業はなぜ健康経営を推進すべきなのか?健康経営のポイントとは?